大正3年創業。
お墓の建立・建て替え実績多数!

お墓のことならなんでもお気軽にお問い合わせ下さい:0585-32-0166

ブログ

天山石(てんざんいし)特級

石の採石場のことを丁場(ちょうば)といいます。当社では良い墓石を建てるために良い原石のみを厳選して使うことを追求しています。そのため石の採掘段階から工程を明確化し原石の採石をする丁場がどのようなところでどういうふうに作業を行っているかお客様にご紹介したいと思います。

今回は天山石特級です。

採掘現場の様子

天山1

佐賀県唐津市中心部から車で30分程の場所にある、日本の原風景とも言える静かな山里に採掘場所があります。採掘現場には、折り重なるように巨大な玉状の石が埋まっており、その玉状の石を掘り出していきます。石を採掘している、その姿はまさに“石に挑む”と言える様な姿です。

石のプロも認めるその品質

天山4

その魅力は、国産材の中でもNo.1~No.2を争う吸水率の低さと抜群の硬度からくる艶持ちの良さです。少し紫がかった濃い青味が特長の高級青御影石として大変人気があります。他の有名国産材と比較しても透明度が高く、青深いその石目は、降雨後や歳月を経ても変色がほとんどなく、日本の風土に適しており、墓石材として理想的です。中でも、本家の採掘元である「天山石材」ブランドは、石屋さんの間では有名です。

産地と石材物性データ

tennzann

[比重](t/㎥)2.69 [吸水率](%)0.09[圧縮強度](N/m㎡)194

唐津くんちや呼子のいか、虹の松原で有名な佐賀県唐津市(七山地区)で採掘される国内トップランクの墓石材です。昭和40年代から採掘され、現在単独の採掘場としては販売量日本一と言っても過言ではないほどの墓石用御影石です。

広く愛される銘石

天山2

従来は主に、九州方面で長く使われていましたが、その堅牢度や艶持ち、色合いの良さから近年、中国、四国方面や関西圏を中心に人気に火がつき、今では中部方面や関東圏まで幅広く使われるようになっています。地方の銘石から、全国区の銘石になった素材です。

見積りのご依頼やご相談はお気軽にご連絡下さい。

お墓作りは一生に一度の場合が多く、一般の方には分かりにくいとされています。
私たち近藤石材店が出来る事は、お客様一人一人に対して親身に接し、色々なご要望に柔軟に対応させて頂く事だと考えています。

長い歴史で培ってきた知識や技術を漏れなく発揮し、強い責任感と自信を持って、これまでも、これからも、お客様の力になる事を目標に、精神誠意尽くしてまいります。
是非ともお気軽にご相談頂けますと幸いです。